FC2ブログ
ブログ内検索
管理・サイト関連
  • あすら (asrtea) on Twitter asr の読書メーター
  • asrite.net←本拠地。
  • 管理画面(管理人専用です)
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
08月(1)  07月(1)  06月(1)  04月(1)  09月(2)  07月(2)  05月(4)  04月(1)  01月(2)  12月(1)  11月(1)  10月(1)  07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
最近のコメント
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
タグ : 考え方 の 記事一覧

130514_uwaaa.png

前回の記事で少し言い損ねた…というより省略した部分。

私は「物の考え方」について、以前から少し違和感を感じてた。

ここでいう"考え方"とは、
何かが起こった時にどう感じるか、何を考えるか、とか、
ある事象に対して、どんな起因があった、どんな結果に至るのか、
などといった、一般的な考え方を指すのではなく、

ここでは、考える方法、手段(Method)を指します。

今思ったがMethodはあんまり正しくない。
ToolとかDeviceあたりが妥当かな。
ちなみに今「考え方」で検索したら「one's point of view」と出てきたし、対義語として良い例だなー

========== ==========

ここでは、他人の絡む「ものの伝え方」や「表現方法」などには言及しません。
というか。
そういう時は、言葉、映像、音、…そういった「相手と共通の道具」を使わないと通じない。
…場合によっては、その翻訳が大変にめんどうだとしても。

ということで、大変面倒な日本語の翻訳作業をしながらこの記事を書いて参ります。

========== ==========

要は、考えるときに何を用いて考えるか、ということですね。
(※大脳皮質とかそういうものではなく)

当たり前すぎて意識しないと思いますが、
日本人の大多数は、ものを考える際に「日本語」を用いて考えますね。
そのはずです。
アメリカ人は英語かもしれませんがどうでもいいです。

漫画ラノベゲームをはじめ、いろいろな所で「日本語で考える」という描写がなされていますし
実際に実在する日本人の皆様(私含む)も、日本語で物をお考えのことだと思います。
そう、あたかも言葉を実際に発しているのと同等に。


で、先日私はこんなことを言った。

「脳内の思考を、日本語に翻訳するのがめんどくさい」

これはすなわち、日本語以外の物(Tool)で考えていることが分かります。

で、その物って一体何?
私は何を用いて考えているのだろうか…。

↑…っていう考えも、脳内に"何か"があって、
それを今回の「記事に書く」という目的のもと、日本語に変換しているのが分かります。

その"何か"…

良く考えれば、"これ"が言語のフィルターを通していない、「思考そのもの」なのかもしれない。
言語にして発する時は、それを最適な言葉で翻訳してあげる必要がある。

何か偉い哲学者がすっごい昔にこういうの研究してそうだ

========== ==========

もしかしたらピンと来ない人がいるかもしれない。
ここでひとつ例示をしてみると…

嬉しいことでも悲しいことでも何でもいいんですが、
何か感情はあるんだけど、それに対応する言葉がなくて
感情を表現できなかったことって、ありませんか。

ボキャブラリーの問題もあるかもしれないけど
「うまく言葉に表せない」とか、とりあえずワーキャー言うあれも、同じようなものだと思います。

もう一つの例としては、音ゲーも近いものがあるかな。
「このノートはこの指で押そう」とか「押しにくい配置だからどれかを捨てるか」
とかを日本語で考えながらプレイしているわけではない。
譜面を見てノートを叩くまで、いちいち日本語を通していないでしょ

でも、そこには確かに「思考」があって、理屈のもとに動いている。
それは反射や本能などではない。

“物の考え方について - 何を用いて考える?”の続きを読む>>

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2013/05/14 [火]
《タグ》 日記哲学考え方
どうしよう



どうするか


こう言葉を変えるだけで、考え方もずいぶん変わる気がします。

例えば
「お客様に迷惑をかけてしまった。どうしよう」

ではなく

「お客様に迷惑をかけてしまった。どうするか」

みたいな感じ。
似たような意味なのに、すごく感じ方が変わる気がするのです。
なんか落ち着いて物事に対処できそうな気がするよね!

気づいたら私が使っていた考え方なので
みんなもぜひやってみよう!

おわり

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2012/01/30 [月]
《タグ》 日記考え方
ケルトン

おいしいよねケルトン
ぽりぽり((*'ω'*))

========== ==========

リアルの人にここ覗かれてるのか気になるけどまあ気にせずいこう。


私のコミュ障は思ったよりもひどいらしい。

人の話を聞くとき、態度(相槌や返答?の類)があんまりなってないとか。
曰く会話のキャッチボールができていないらしい。
あんまりよろしくないね。

あと私の「思ったこと」ね。
ちょっと私の感想を述べる機会がいくつかあったけど
意見とかじゃなくて感想を述べよって…(私には)無理じゃないのかと正直思う。

うーって考えてたら
「難しく考えずに思ったことをそのまま言う」と言われた。
まあ言われていることは簡単そうなことだけど。
今の考えで言えば、私は別に難しく考えているわけじゃなくて、どちらかというとその感想を思い出してるのに近い。
結果があれば感想なんていらないし、という考えがあるから、そういうのは大分忘れてる。
(その重要な「結果」がしっかり言えるかどうかは別問題だけど!)
結果・経過自体を忘れたわけじゃないから、それを思い出せば感想も芋づる式に出てくる。

ああつまり、それらを思い出すまでに時間がかかるのが難点であって
感想自体がないわけじゃないから、感想を「しっかり覚える」「思い出す」という練習は必要かもね。

あるいは、目の前に存在しているはずの「感想」に
視点を向けることができずに感想が言えないのかも知れない。
(たとえば、青い体液を持つ生物に対して「血液は存在しない」と考えるのと似ている) ←バテンで聞いた話

+++++ +++++

感想ではなく「考察」は割と楽勝。
元となるデータがあってそれを元に推論すればいいし。
そして何より重要な情報だ(と私が見なす)から頭の中に残るし。

側面としては。
ビジネス的な会話ではなくどちらかというと普通の会話に近い。
普通の会話ができない非コミュの私には相当きつい。です。まる。

ビジネス会話なら(まあこれもできるわけじゃないけど)鍛える気は割とあるのに
このような、なに、普通の?会話?ってあんまり必要性感じないから
伸ばす気が起きないんだわ



こういう記事を書くのに1時間もかけてるからやっぱり私は要領が悪い
要領と言うか
そう
結果を含む「形」から何かを導きだすのは比較的簡単だけど
感想や会話って言うと、どうしてもぼやっとしてて、書こうとしてもgdgdになっちゃうのよね。

何を伝えたいかか
自分側が何を伝えたいのか
相手側が何を伝えたいのか
そこを意識すると良くなるのかね

わからん

========== ==========

これに関して、ついったーでタイミングよく良い発言を見つけたので、ここに載せておきます。

思ったこと、考えたことを
「みんなが理解できる日本語に翻訳する」
というステップを踏まないといけない。
これはたぶん、私以外にもあてはまるひとが多少なりいるのではないかと思います。
翻訳先は別に「日本語」である必要はなくて、英語でも絵でも音楽でもいいのかもしれないね。

言葉にできない思いを沢山頭の中に抱えている人は、別に話下手とかってわけじゃなくて、自分の中で思考を深め過ぎて、言語じゃ到底表現しきれないクオリティになっちゃってるだけなので、わざわざ言葉なんて効率の悪い方法を使わなくても他の方法を探すっていうのもひとつの手じゃないかと思う

https://twitter.com/#!/shh7/status/159273779502125058

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2012/01/17 [火]
《タグ》 日記考え方

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「最近緊張したことは?」です。緊張…できるだけしたくありません。やってみたいこと、うまくいくかな…これは失敗しないかな…色々考えてしまってドキドキします。多少は緊張感があったほうが良いこともありますがやっぱりそれの大元が通り過ぎるまで、大丈夫かなーって気持ちになりますよね。ほうじょうは最近、思い切って大きな買い物をしまし...
FC2 トラックバックテーマ:「最近緊張したことは?」


なんか記事書こうかなあと思って管理画面開いたら興味深いトラックバックテーマめっけた。

緊張したことですと。
まさに私の直近の出来事ですね。
具体的には言えないけど、すごく緊張すること、最近ありました。

私のついったー見てないと分からないだろうけど、最近、私、不調気味なんですね。
こっちでお知らせしてなくてごめんなさい。

不調になって、いろいろ垂れ流ししてた。
思ったこと、思わないこと、願ってたこと、感じたこといろいろ。
迷惑だっただろうけど、声をかけてくれた人もいた。

すごく救われたし、でも、逆にみんなに依存しそうで、ってなかんじで、もんもんとしてたのね。


そこで頂いた言葉。
返すのに、すごく、緊張した。

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2010/06/04 [金]
《タグ》 日記FC2ブログトラックバックテーマ考え方twitter
twitterドラマについて思うことに、結論がひとつ出た。

数字稼ぎのために、Twitterを利用した
と脚本家が言ってくれれば安心しただろうということだ。

実際にそうなったところで、私を含めて多数の人間が文句をつけることになるだろうが、ある種の納得はさせられるに違いない。まあ本人がどう思っているかは分からないし、それ以前に、こんな発言は間違ってもすべきではないのだけれど。

今回の件で問題があるとすれば、取り上げたのが、(不幸にして)影響力の比較的大きな「Twitter」であったことかな。

========== ==========

ちなみに、来週以降もこのついったードラマは見るつもりです。
見て不愉快になったとしても、文句をつけることで時間を浪費することになったとしても、です。

こういう事ができるのが、Twitter、いや、「インターネット」の楽しさなんだと思う。

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2010/04/16 [金]
《タグ》 日記考え方twitterテレビドラマ

qawsklp
せめてTLの意見を見て脚本を書き換えるとか監修をつけるとかして欲しいよね。

あすら
願わくば、そうなってほしいですよね。
ただ、噂では嫌なリプライ送った人はブロックされるとか聞きましたし、
仮にそうでなくとしても、あんな態度じゃ実現は難しいでしょうね。

これからはもう、普通のドラマとして成り立っていきそう。
いま話題のTwitteerをテーマにしたドラマが放映されてました。

◇公式サイト◇
素直になれなくて - フジテレビ

◇脚本家、北川悦吏子ブログ◇
http://ameblo.jp/eriko-kitagawa/

◇脚本家、北川悦吏子twitterアカウント◇
http://twitter.com/halu1224

========== ==========

話題になってたので、私も見てみました。

感想を一言でいいますと、とても楽しかったです。
Twitterをテーマにしたと言う性質上、私のTLでもドラマ実況が非常に盛んで
(それこそ、こないだのトリビアやナウシカ放映時レベルの賑わい)
あるときは「あるあるwww」みたいなポストをしたり、
またあるときは「それはない」「これはひどい」などろ文句付けたりなど
皆さんは思い思いのままTweetしていました。
私もその一人かも知れません。

「ドラマを見ているよりもTLを見ている方が楽しい」という意見すら耳にしました。


脚本家の北川悦吏子さんも、評判の良さに大満足のようです!

好意的な意見ばかりでうれしいです。実況中継したら、もっと叩かれるかと思ってた。


http://twitter.com/halu1224/status/12224554458

以下、この続き。

“Twitterドラマ「素直になれなくて」 第一話”の続きを読む>>

《カテゴリ》 twitter | 《更新日》 2010/04/15 [木]
《タグ》 レビューtwitterドラマレビューその他考え方
Page top