FC2ブログ
ブログ内検索
管理・サイト関連
  • あすら (asrtea) on Twitter youtube - yuisin asr の読書メーター asriteのはてなブックマーク asrite - tumblr
  • asrite.net←本拠地。
  • 音ゲープレイ記 ←別館
管理画面(管理人専用です)
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
09月(2)  07月(2)  05月(4)  04月(1)  01月(2)  12月(1)  11月(1)  10月(1)  07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
最近のコメント
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


《カテゴリ》 スポンサー広告 | 《更新日》 --/--/-- [--]
[ no tag ]
バテンカイトス 言葉攻めにされたい人へのボイスマグナス集‐ニコニコ動画(ββ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7587536

以前にこの日記で宣言していた、「バテン某動画」が完成しました。

以下、ボイス組の対形成に関する考察

~ 広告 ~
~ この記事の続き ~

この考察の目的


I→II→・・・→VIとカードを引いていくとき、
何組引けば、ボイスの「対」が出来るのに十分かを調べる。

手っ取り早く答えだけを知りたい場合は、まとめへ直行してください。

基本情報


・ボイスはI~VIまでの6種類ある。
・それぞれのボイスマグナスにつき、2種類の声が入る。
・つまり、ボイスは各キャラごとに12種類。
・2種類のボイスのうち、どちらが出るかはランダムと思う。
 出る確率は等しいとは限らない(実際に、出にくいボイス出やすいボイスがありました)

補足・注意点


対がひとつでも形成された瞬間、試行は終了する
つまり、以後は全て「それまでに対がひとつも形成されていない」ことを前提として議論する。

2種類あるボイスは、AとBにより区別する。
これは例示であるため、いずれがAでいずれがBか、などは具体的に指定しない。
「ABAAAA」という表記は、ボイスIでAを、ボイスIIでBを、(中略)、それぞれ引いたことを意味する。

「試行」とは、ボイスI~VIを連続で順に引くことを指す。
 あるいは、これを有限回繰り返したものも指すことがある。

「ボイス組」とは、6枚のボイスを引いたときの組み合わせを指す。

「対」とは、2つの「ボイス組」の組のうち、12種類全てのボイスを含むものを指す。

「k回目の試行までに」とは、k回目の試行も含む。

計算の簡略化のため、
・AorBを引く確率は、全て同等(50%)とする。
ボイス組が被った(つまり6つのボイスが全て同じだった)状況は無視する

例えば、2回目の試行で「AABAAB」を引き、
その後11回目試行においても「AABAAB」を引いた場合、
この11回目の試行は「なかったこと」とし、次の試行は11回目の試行となる。

既に引いたボイス組を引く可能性が無くなるのではなく、
あくまで「被ったら、試行そのものを取り消す」ということに注意して欲しい。
言い換えると、試行を何回行っても、既に引いたボイス組を再び引く可能性は残る。

考察1 : 基礎情報


ボイスをI~VIまで連続で引いたときの、全てのボイスの組み合わせは
2^6 = 64通り あります。

試行を1回行い、ボイス組「AABBBA」を引いたとすると、
これの対となるボイス組は「BBAAAB」。
64通りある引き方から、たったひとつのボイス組を引く確率は 1/64 ですから、
(被ったものを排除する前提ならば、「AABBBA」を除いた 1/63。
 ただし、ややこしくなるのを避けるため、この時の分母は以後64で固定します)
2回目の試行で「対」が形成される確率は 1/64。

試行を2回行い、対を形成しないボイス組2つを引いたとき、
3回目の試行で対が形成される確率は、2/64 = 1/32。

・・・

一般に、試行を n 回行い(n≦32)、対を形成しないボイス組 n 個を引いたとき
n+1 回目の試行で対が形成される確率は、n/64。

※nが33以上のときは、32/64 = 1/2 の確率で確実に対が形成され、
残る 1/2 の確率で、それまでに引いたものと被るボイス組が手に入る。
ちなみに、今回の試行の性質上、nは34以上にはなりません。

考察2 : 形成された対の個数の期待値


n+1 回目の試行で対が形成される確率が n/64 だったので、
この時の試行で形成された「対」の個数の期待値は、

Σ[1≦i≦n] i/64

となります。
単純に、(1+2+3+・・・+n)/64 と同じ値です。

参考程度に、以下の具体例を出しておく。
重ねて述べますが、ボイス組が被った場合は、そのときの試行は無かったことになります。

・n = 11のとき(つまり12回目の試行の際)までに出来る対の個数は、
66/64 、およそ1。

つまり、12回目の試行までに、1つの対が完成することが期待されます

※被ったボイス組を引く個数の期待値も、これと全く同じ計算です。
これより「12回目までに、1つの被るボイス組を引くことが期待される」ため、
これを考慮して補正すれば、13回目の試行までに・・・となります。

・n = 19のときまでに出来る対の個数は、およそ3。
20回目の試行までに、3つの対が完成することが期待されますが、
「既に出来た対」のことは考慮していないため、この値は厳密性に欠けます。

考察3 : 対ができない確率


n+1 回目の試行で対が形成される確率が n/64 であることから、
この時に対が作られない確率は、「1 - n/64」となります。

例えば、2回目の試行で対が形成されない確率は、63/64 です。
(複雑化を避けるため、余計な要素は除いてあります。
 たとえば、2回目は「1回目」と同じボイス組を引くことはないので
 本来は 62/64になるべき)

例えば、3回目の試行で対が形成されない確率は、62/64 です。
例えば、4回目の試行で対が形成されない確率は、61/64 です。


次に、n+1 回目の試行までに対が形成されない確率を考えます。

これの計算も単純で(というか強引に単純化しました)、
n+1 回目の試行までに対が形成されない確率Pは、

P = Π[1≦i≦n] (64-i)/64

となります。
これは、 63/64 * 62/64 * ・・・ * (64-n)/64 と同じ値です。

具体例として、以下を挙げます。

・n=10、つまり11回目の試行までに対が出来ない確率は 47.7%

・n=20、つまり21回目の試行までに対が出来ない確率は 3.6%

被ったボイス組を引く可能性を考えると、
試行の回数は1~3程度増加するでしょう。

つまり、12回目の試行までに対が出来ない確率こそ、47.7% とも言えるわけです。

----- -----

ついでに、n+1回目ちょうどに対が形成される確率は、
上の結果を基にすると、

1 - P

となります。

まとめ


1つのボイス組の対をつくるには、平均13回の試行が必要と分かりました。
正しくは、13回目の試行までに、1つの対が完成することが期待されます

また、13回目の試行までに、対がひとつも完成しない確率は、およそ 1/2 です。

----- -----

ついでですが、今回、ギバリは(被りを除いて)24回の試行をしました。

24回目の試行までに、対がひとつも出来ない確率は 0.7%であることを考えると
これって、ものすごいハズレ連発を引かなきゃありえない事態ですよね・・・。
(計算に誤差があったとしても、十分に低い値だのう(´・ω・`)

いや、これ絶対何かの間違いだろw
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 バテンカイトス | 《更新日》 2009/07/10 [金]
《タグ》 日記ゲームバテンカイトスニコニコ動画気まぐれ攻略
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。