ブログ内検索
管理・サイト関連
管理画面(管理人専用です)
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
05月(3)  04月(1)  01月(2)  12月(1)  11月(1)  10月(1)  07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
最近のコメント
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


《カテゴリ》 スポンサー広告 | 《更新日》 --/--/-- [--]
[ no tag ]
“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
(2006/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る

【レーベル】
ファミ通文庫

【概要】
文学を「食べちゃう」くらい愛している文学少女と
流されて文学部に入った少年の物語。

【ジャンル】
メインジャンル : ミステリー
サブジャンル : シリアス

【巻】
第1巻 / 合計1冊(現在10冊くらい刊行(詳しくは知りません))

【評価】
★★☆☆☆

~ 広告 ~
~ この記事の続き ~

すごいラノベランキングやら、キャラクターランキングでちらほら上位に出てくる作品なので、それじゃあ私も読んでみようかな、と思った作品。冊数やアニメ化の雰囲気を鑑みるに、ランク?的には「バカとテストと召還獣」と同等で、また巷ではかなり良作と言われているようなので、それなりに期待して読んでみることにしました。

まずは、作品の「顔」となりうるイラストについて。
これはまぁ買う前から思っていたことですけれども、正直イマイチです。それなりに味はあるデザインですし、雰囲気は作風とマッチしてなくもない。ですが、全体的に塗りが浅い気がしますし、「ラフスケッチ」の延長上みたいなデザインなので、私としてはあんまり好きにはなれませんね。こんな画風もアリかなぁとでも考えておく程度で。

今回は、文学部にけしかけてきた「竹田」という女の子と、彼女の意中であるらしい弓道部の「愁二」という二人にまつわる話。太宰治の作品「人間失格」と、それに自分を投影して絶望する某氏を描いてあります。それに絡めて、作中でしきりに太宰治の作品を薦めてくるのがまたよろし。あんまり太宰治を推してくるんで、作者はもしや太宰治関連の社員では・・・とか勘ぐったりもしました。でも、あとがきを見る限りでは作者は以前から肩入れしていたわけではなく、最近ファンになったばかりということですので、社員疑惑は解消されました。

あらすじによればコメディとか書いてありますが、これはミステリー系に属する作品ですね(後続の巻でコメディ要素が強くなる可能性はありますが)。「ラブレター」から始まる愁二への手紙や、竹田さん本人にまつわる部分などに謎要素がいくつか散見されます。その性質ゆえか、作品の途中でいくつか「えっ」と思う部分が出てきたり、いろいろ考えさせられもしましたが、物語の最後では「ああそういうことか!」という、見事なミステリー的収束を見せたのでした。

しかし、竹田さんの正体に気づけなかった私は間違いなく心葉(主人公)。

第1巻を読んだ感想としましては、期待していたほどは面白くはなかった、というのが正直なところ。そもそもの作品のせいなのか、繰り返し読むことを前提とした作品の性ゆえか、あるいは期待していたからハードルが上がったためなのか、はたまた、そもそもミステリー系が私に合わないだけなのかは分かりません。うーむ、ミステリー系は嫌いじゃないはずなんだけどなあ。

- 追記 -
私はイラストが悪いとか思っていましたが、他の方にの反応を見る限り、竹岡さんの評価は低くない、むしろかなり高いようです。やはり人の感性って分からない。

あと、「この面白さは最後まで読まないと分からない」という雰囲気も感じられました。
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 ラノベレビュー | 《更新日》 2009/09/03 [木]
《タグ》 レビュー小説ラノベレビューラノベPart1文学少女小説_ミステリー
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。