FC2ブログ
ブログ内検索
管理・サイト関連
  • あすら (asrtea) on Twitter youtube - yuisin asr の読書メーター asriteのはてなブックマーク asrite - tumblr
  • asrite.net←本拠地。
  • 音ゲープレイ記 ←別館
管理画面(管理人専用です)
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
09月(2)  07月(2)  05月(4)  04月(1)  01月(2)  12月(1)  11月(1)  10月(1)  07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
最近のコメント
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈5〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈5〉 (電撃文庫)
(2010/01/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


【レーベル】
電撃文庫

【ジャンル】
よくわからん。生活系?

【巻】
第5巻(刊行5冊)

【概要】
新学期。
黒猫が京介の高校に入ってきたところから話は始まる。

【評価】
★★★★★

今回は桐乃はほとんど出てこず、ずっと黒猫のターン。
黒猫がだんだんとツンデレっぽくなってきて、京介がだんだんと変態になっていくでござる。
この先、この二人の関係はどうなるのか気になる。

黒猫は、5巻から登場した新キャラとゲームを作ることになります。
ゲーム制作にあたり、そのときの物の考え方や、「チームワーク」的なことの大切さは
同じくものを作っていた者としては非常に参考になるところがありました。
(まー最近は何も作ってないし、作るにもひとりだったけどw)

以下、たぶんネタバレある(4巻以前も含む)。
ので開き直って、ネタバレを気にせずに書いていこう。

~ 広告 ~
~ この記事の続き ~

桐乃がいないので、ほんとにもっぱら黒猫ばっかり。
真奈美はいつもどおりの絡みだし、一方の沙織は、ちょっとシリアスな話があるものの、こちらもあんまり出てきませんでした。
黒猫(と京介)は高校のゲーム研究部に所属することになり、
桐乃達の代わりに、新キャラとして出てくる数名の部員とのやりとりが主になります。

新キャラ。やばいです。
ゲーム研究部に所属するもう一人の女子がでてくるんですが、これなんかもう凄く変態です。
作中では本人が「腐女子に対する偏見」云々言ってますけど、この人自身が腐女子に対する偏見を助長しているような気がしてならないw
まぁ私がTwitterでフォローしてる人にも若干名の腐女子はおりますので、
腐女子がどういう存在なのかは大体分かってるような分かってないような・・・いや、あんま分からんな。

少なくとも、変態の中にもいろんな人がいるってのだけは、共感できる部分があります。
そして、それをひとまとめにするのはよくないことも。

そういえば作中にもちょろっとながらTwitterの話が出てきてたな。


桐乃がいなくなったことで、京介・黒猫の感情にも若干の変化が現れ
ちょっとしたゴタゴタになったりしますが、そこら辺は割愛。
やっぱり彼らにとって桐乃は大切な存在なんですねー。
私にはそういう人いるのかな。かな。


黒猫は京介や腐女子(名前忘れた)と協力してゲームを制作することになります。
作者の知識がどこらへんから来てるかはよく分からんけど、ゲームを作るにあたって、大体こんな感じなのかーとか、こういうところが大事なのかーとか地味に参考になった。
そういえば私は以前にゲームを作る作るとか言ってたけれども、何だかんだ言って、未だにひとつも、まともなゲームを完成させたことないんだよね( ´゚ー゚`)
今から作るかどうかは分からん。

ただ、黒猫のシナリオ制作スピードはものすごいね。
6kB/hour って、単純計算で「1秒1文字」程度になるじゃないですか。
途中に考える時間とかもあるから、実質ずっと打ちっぱなしという速度になるんじゃないかな。
黒猫はどんだけやりこんどるんよ・・・。


最後のほうで、桐乃とのやりとりが少し出てきます。
桐乃が連絡を絶った理由や、ひとりで思い悩むところの描写が
桐乃の真面目・・・というかまっすぐとした性格をよく表してますね。

ひとつ気になるのが、最後に吐露した、京介の桐乃に対する感情。今までも散々「どうでもいい」とか言っておいて、あれは無いなーと思ったw
私は京介と桐乃のように世話を焼いたことは全く無いし、その気持ちからして理解できないんだけど、少なくとも、実際に兄弟姉妹がいる人とかは少し姿が見えなくなったところで、しかし本当に心の底から「どうでもいい」と思ってるものじゃないのかな。

でもまー桐乃が元気になって良かった。


本作もいろいろ詰まってましたが、やっぱり一番の見所は黒猫かも知れない。
黒猫はあんまり感情を外に出さないタイプだし、何を思ってるのか全然わからんのがいいね。
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 ラノベレビュー | 《更新日》 2010/04/03 [土]
《タグ》 ラノベラノベレビューレビュー電撃文庫俺の妹
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top