FC2ブログ
ブログ内検索
管理・サイト関連
  • あすら (asrtea) on Twitter asr の読書メーター
  • asrite.net←本拠地。
  • 管理画面(管理人専用です)
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
08月(1)  07月(1)  06月(1)  04月(1)  09月(2)  07月(2)  05月(4)  04月(1)  01月(2)  12月(1)  11月(1)  10月(1)  07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
最近のコメント
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
【勇者30 SECOND】
131019_yusha_0title.jpg


基本情報


【ハード】 PSP
【ジャンル】 RPG
【プレイ時間】 20~30時間

クリアしたシナリオでも、あとから何回もプレイできます。
タイムアタックモードがアツいな…。

概要


30秒で魔王を倒す、超速RPG「勇者30」
…の続編。

前作の「勇者30モード」を強化してボリュームアップさせた作品で、
主人公の前に立ちはだかる敵を、30秒という限られた時間で倒していく。

500年という長い戦いの歴史の中で、勇者と魔王の運命が織り成す物語。

総合評価


【総合評価】 ★★★★★

世界に残された時間は30秒。
その間に、レベルを超速で上げて、村人の話を聞いて、装備やアイテムを購入したりして…
そして魔王を倒す。

ゲーム全体において高速化が実現されており、進行はとてつもなく速い。
「超速RPG」という言葉がしっくりくるゲームですな。

131019_yusha_1hametu.jpg
▲30秒で世界が滅ぶ「ハメツの呪文」を魔王が唱える!

物語がものすごい勢いでスピーディに進行するので
ゲームの密度がものすごく高いw
リアル時間の30秒が、体感1分から1分半くらいには感じます

超速のゲームの中で、あれこれ考えながら進めていくのがめっちょ楽しいです。
立ち止まったらアウトなので、動きながら考えるしかない。

131019_yusha_1zanto.jpg
▲この記事で細かく紹介はしませんが、敵や村のネーミングセンスがヤバイw

RPGとは言っても、敵との戦闘は自動で行われます。
そのため、戦闘そのものよりも、フィールドを歩き回り、ミッションをこなし
お金や時間ののやりくりを考え…といった風に
(戦闘も一部含めた)全体的な戦略が要求されますね。

そういう意味では、俗に言う「RPG」とは少し毛並みが違う。

どっちかというと主人公をうまく導く、アクション要素が大きいかも?
敵と戦うだけでなく、いろいろ含めた「30秒の全て」が戦闘そのものとも解釈できますな


補足になりますが、魔王が出現していない時は30秒という制約はなくなり
ゆっくり大陸や村(と一部のダンジョン)を散策できます。
その道中で、魔王が現れたり事件が発生したりする感じ。

---------- ----------

併せて特筆すべきなのは、何よりもそのグラフィック。
このゲーム、なんと全世界がドット絵で描かれています

131019_yusha_2field.jpg
▲一昔前のRPGを彷彿とさせられる

立体的なグラフィックが主流となった現代(※2011年発売)、
こうしてドット絵だけでゲームを作り上げるって、そう簡単なことではないと思うよ

色自体は鮮やかなので、ファミコンというよりはスーファミくらいの感覚。

補足ですが、本作のレビューを見る限り、
ドット絵は前作よりも更にクオリティが上がったらしいです。
(もちろん前作も全部ドット絵)

---------- ----------

「速さ」を中心に、様々な要素が洗練されており非常に遊びやすく、
文句なしの良ゲーだと思いました。
特に、ドット絵が好き方はぜひ遊んでみるべきだと思います。

後に、これと暗示的に比較されることになる「ラストランカー」が、
少し不憫に感じないことはない…w

プレイ動画


【通常クエスト編】


【魔王城編】


※動画はリンク切れの場合があります。
※ゲーム内の「再プレイ機能」を使っているため、仲間やレベルなど、
 実際のシナリオと一部食い違いが見られます。ご了承ください。


詳細は以下で。

~ 広告 ~
~ この記事の続き ~

関連商品


前作、SECONDともにベスト版が出ているらしいです。
その辺のゲーム屋に行けば1000円強で手に入るんじゃないかな。

勇者30 SECOND Best Collection勇者30 SECOND Best Collection
(2012/02/23)
Sony PSP

商品詳細を見る

勇者30 PSP the Best勇者30 PSP the Best
(2010/04/28)
Sony PSP

商品詳細を見る

勇者30奏 Original Soundtrack勇者30奏 Original Soundtrack
(2009/07/22)
ゲーム・ミュージック

商品詳細を見る



もくじ


各種評価
システムについて
難易度について
おわりに

ゲーム内容の説明(システムについて)が多い気がする。

各種評価


【総合】 ★★★★★

【システム】 ★★★★★

【難易度】 ★★★★☆

【シナリオ】 ★★★★★

◆「時代・時間を越えた」勇者と魔王の話が描かれていて、
 良くできていると思いました。

【グラフィック】 ★★★★★

◆言わずもがな。
 キャラクターはもちろん、エフェクトとかも全部ドット絵なんですな…。

【音楽】 ★★★★★

◆カッコイイ曲、良曲が揃っている。何より、スタッフが「超」豪華。
 ただその分、ドット絵の世界観に合うかと言われれば微妙かも。

【オリジナリティ】 ★★★★★

◆他にはないシステムすぎる。

【熱中度】 ★★★★★

◆面白いです。

【快適さ】 ★★★★☆

◆プレイ環境は申し分ないのですが、
 まれにバグが発生することがあり、時にはゲームが完全に止まることもありました。

---------- ----------

なんか★の数が多いw

システムについて


基本システム・戦闘


魔王を30秒で倒しながらゲームが進行していきます。

短時間の制約があるゲームの性質上、時間が何よりも重要な位置づけにあり、
タイムイズマネーというよりも、もはや「Time is Life」とか言っても全然誇張にならないくらい。
というか主人公の命よりも時間(とお金)が大事な気さえします。

※主人公がやられてもゲームオーバーにならず、ただスタートに飛ばされるだけ

131019_yusha_2field.jpg
▲本作はシンボルエンカウント式。
 モンスターにぶつかると戦闘に突入します。

131019_yusha_bt_zako.jpg
▲戦闘は自動で進行します。
 ただし、アイテムの使用と逃走は手動。
 強い敵に遭遇したら迷わず逃げよう!

131019_yusha_bt_skilll.jpg
▲たまにスキルも発動しちゃったり


あと、クエスト全般において、×ボタンを押している間は
主人公がダッシュして移動・戦闘速度が上がります。
…が、ダッシュ中はHPが減り続けるので、時間を取るか命を取るか、の選択も大事。

※なお、実際には命より時間を取ることが多い

時の女神


「30秒」が売りのこのゲームですが、
リアル時間30秒ですべてをこなすわけではありません。
時の女神の力を借りて、時間を巻き戻しながら戦うことになります。

131019_yusha_mura2.jpg
▲祈りをささげて30秒まで回復だ

この時の女神、かなりの金の亡者で、ただでは時間を巻き戻してくれません。
一定額を支払うことで初めて時間が戻ってくれるのです。
最初は100Gほどですが、巻き戻すごとに支払う金額は増えていくので、
あんまり女神を使いすぎると後々泣きを見ることも…w

131019_yusha_2intro.jpg
▲シナリオ上でも重要な進行役

もちろん、必要経費は女神以外にもいろいろあります。
お金を時間のやりくりを考えながら、
魔王に向かって進めていかなければなりません。


フィールドのあちこちには、村が点在しています。

情報を集めたり、アイテムや装備を買ったりといった、
バトル以外の準備はもっぱらここで。
また、説明の都合上、女神の後に村が来てしまいましたが
時間を戻すための「女神像」も、基本的にはここに設置されていることが多いです。

131019_yusha_mura1.jpg
▲横一直線の超シンプルなつくり

メインシナリオ中では、村の中では時間が止まっているので
ゆっくりと今後(?)の戦略を考えることができます。

一応、村の中でも時間が動く「ハードモード」があることにはあります。
ただ、他のモード限定で、メインシナリオでは使えないので
少し緊張感に欠ける感じもしました。

むしろ、ハードモードでシナリオやりたかったす…

勇者城について


シナリオが進行すると、超強力な「勇者城」が手に入ります。

ここに仲間が乗り込んで移動したり、
時には生身で戦えないような、大きな敵と戦ったり。

131019_yusha_yushajo2.jpg
▲大きな敵を排除するには欠かせない。

とはいえ、メインはやはり生身での戦闘。
シナリオ中でも使う機会はそんなに多くなく、
完全放置のまま魔王を倒すことも割とありました。

他にも、主人公の移動に伴って(いつの間にか)ついてきてたりして
「めんどくさいシステムだなあ」と思わせない配慮がなされておりました。

必要な時だけ乗って、あとは放置でOK。

131019_yusha_yushajo1.jpg
▲勇者城でしかできない行動も時々。
 なんかスケールが違うw

メニューについて


131019_yusha_menu1.jpg
▲こういうテイストはメニューでもしっかり表現。

陣形は地味に重要ね。
私は基本的にスキルメーカー(スキル発動率が上がる)を使っています。

131019_yusha_menu2.jpg
▲装備画面はこんな感じ。

一部の武器にはスキルがついていることがあります。
スキルとクラスについては作中でいわれるので省略。

後半になると武器の種類が増えてきて、スキル集めが大変大変w

難易度について


程よく調整されてはいるのですが、
メインモードでは、村で時間が止まるイージーのみなんですね。

2周目はハードでやろうかな、と思っていたので少し残念でした。

あるいは、タイムアタックで本気を出せということか…w

おわりに


現在、クリア後の称号集めやEXTRAクエスト・EXTRAダンジョンを一通りクリアして
一息ついたところで、このレビューを書いています。
やりこみ要素だからしょうがないけど、武器集めや一部の称号は作業感があってちょとめんどい。

また、本作クリア後、前作「勇者30」の方もプレイしているところですが
本作SECONDで、これを踏まえての改良が入っていることが良く分かりますね。
前作の方も、いろいろなモードがあって楽しめますので、
併せてプレイするといいかも。

おしまい。

あと買うまで気付かなかったけど、これ開発マーベラスらしい。
マーベラスと言えばアークライズやりたくなるよね
やりたいやりたい言いながら年単位で放置してるからね

131019_yusha_2ya-shu.jpg
▲用意してたけど使う場面が特になかったSS
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2013/11/03 [日]
《タグ》 ゲームRPG勇者30PSPレビューゲームレビュー
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top