FC2ブログ
ブログ内検索
管理・サイト関連
  • あすら (asrtea) on Twitter youtube - yuisin asr の読書メーター asriteのはてなブックマーク asrite - tumblr
  • asrite.net←本拠地。
  • 音ゲープレイ記 ←別館
管理画面(管理人専用です)
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
09月(2)  07月(2)  05月(4)  04月(1)  01月(2)  12月(1)  11月(1)  10月(1)  07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
最近のコメント
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


《カテゴリ》 スポンサー広告 | 《更新日》 --/--/-- [--]
[ no tag ]
151012_ysc_banner.png

発売当初から気になっていたこの作品、3年越しくらいにプレイしました。

基本情報


【ハード】 PS vita / Vita TV
【ジャンル】 アクションRPG
【プレイ時間】 25時間程度

▼公式デモムービー。

https://www.youtube.com/watch?v=NvBAnkjxOUk

▼実質的な前作ともいえる「イース7」のレビューも併せてどうぞ。
あすら日記 【ゲームレビュー】 イース7 - アルタゴの五大竜 - 【PSP】

概要


イースシリーズの新作。
元になったのはイース4らしいですが、各イース4はファルコム以外の会社が作ったもので
今作は「ファルコムとしては完全新作」という扱いです。
リメイクではないみたい。

今作の舞台となるのは、タイトル通り「セルセタの樹海」という広大な森。
主人公アドルが、記憶をなくして樹海から街に戻ってきたところから話が始まります。

▼こいつドギ(後述)
151012_ysc_0ev.jpg

総合評価


【総合評価】★★★★★

151012_ysc_1battle1.jpg

ゲームシステムは全体的にイース7と同様。
サクサク動く爽快なアクションRPGです。

全体的にイース7のシステムを踏襲し、一部は改良が加えられ、より遊びやすくなりました。

ただ、確かに良い作品ではあるのですが、
「出来の良すぎた」イース7との比較になってしまうため
どうしても素直に良作と言い切れないところがあります。

★5評価としていますが、「4.6が四捨五入で5になった」っていう感じ。

▼道中では、時折きれいな景色が拝めるぞ
151012_ysc_0field.jpg

データ引継ぎによる2周目やボスバトルの実装は有難いです。

各種評価


【総合】 ★★★★★
【難易度】 ★★★★☆
: 回復アイテムのごり押しが効くので、ちょっと緩めに感じた。
 データ引継ぎ時でも、ボス戦がヌルゲーにならない設計で○。
 (ボスの強さは味方のレベル依存なのかな? 2周目と1周目で強さが変わります)

【システム】 ★★★★★
: イース7から改良されていて遊びやすい。
 特に、通常ガードの導入、ボスバトルの実装は素直に嬉しい。

【シナリオ】 ★★★☆☆
: 想像以上にボリュームがありました。
 ただ、一番最後の展開が何となく煮え切らない。

【グラフィック】 ★★★★★
: Vita TVで遊んだからか、綺麗とは言い切れない。
 とはいえ、軽快な動作に寄与しているだろうし、あまり気にはならないですね。
 景色とかの眺めとかはすごく良いです。

【音楽】 ★★★★☆
: フェルガナやイース7に比べて、全体的に1段階下に感じた。
 曲自体は悪くないんだけど。


以下、細かく書いていきます。

~ 広告 ~
~ この記事の続き ~

【補足】Vita TVとタッチ操作について


このソフトはVitaTVに対応しており、アップデートを行うことで
タッチパネルの操作などが最適化されます。

ちなみに、タッチパネルを使った操作は主に、
・非操作の味方への指示(攻撃or回避)
・ダンジョンのパズル(そんなに難しくはない)
・敵情報の確認
・ミニマップを開く

…です。
不要とは言えないけど、敢えてタッチパネルにする必要はあったのかなあと。

バトルシステム


基本バトルシステム


フィールドやダンジョンを進みながら、その辺に群がっている敵を倒していくやつ。
白猫と似てますね。

普通に攻撃するほか、スキルを使って様々な攻撃を繰り出したり
回避や操作キャラ交代でバトルを有利に進めたりできます。

▼スキルポイントはガンガン溜まるので、スキルもガンガン使えます
151012_ysc_1battle2.jpg

スキル上げ


スキルは使っていくとレベルが上がり、追加効果が発生します(今作はLv3まで上げられる)。

▼スキル編集画面こんなの。レベルやスキル経験値も確認できる
151012_ysc_4skill.jpg

ただ、スキルも結構な種類があり、
なおかつ、それを各キャラごとに極めないといけないから
全部スキルマにするのは少し大変。

アクセサリは「戦士の刻印」常備でしたね ←スキルレベルが上がりやすくなる

恐らくだけど、スキル熟練度もアクセサリも引き継げるので、
ゲームを2周やれば、充分に全スキルをMAXに出来るとは思います。

操作キャラについて


シナリオが進むにつれ、操作できるキャラも増えていきます。

味方キャラはそれぞれ、「斬」「打」「射」のいずれかの属性の武器を装備しており、
武器によって、得意とする敵・苦手とする敵が存在します。
(ちなみに、7のように、武器を持ちかえて属性を切り替えることは出来ません。属性はキャラごとに完全に固定です)

基本的にアドルですが、使用キャラに特に制限はなく(有利不利はありますが)、好きなキャラを使ってシナリオを進めていくことになります。


ちなみに今作にドギは登場しません
代わりに、「デュレン」というキャラが存在し、7のドギと同様の使い勝手で戦えます。
(シナリオ途中で明かされますが、この人は確実にドギとは別人物です)

他にも、7とほぼ同様の操作キャラが出てきます。
「オズマ」はセルセタ独自のモーションですが、7でいう「突剣」に似てるかも。

(…ゲームとはいえ、カーナの戦い方すげーなって思う)

バトルボーナスについて


今作の新要素。
特定の行動を行うと、その旨が表示され、ボーナスが発生します。
・エアリアルコンボ : 空中で攻撃をヒットさせた
・エクセレントキル : 有利属性の武器で敵を倒した
・スキルフィニッシュ : スキルを使って敵を倒した

▼エクセレントキル+スキルフィニッシュ。これが決まった時が一番かっこいい。
151012_ysc_1battle_kill.jpg

上級操作について


ガードが△単体に割り当てられ、ガードがしやすくなりました。

イース7のガードは「L+R」で、若干操作しにくく(誤爆も多い)、
ガード後の硬直時は大ダメージを食らうなど、全体的に扱いづらかったのですが、今作でかなり改善されたように感じます。

▼フラッシュガードは健在。
151012_ysc_1battle_flash.jpg

敵の攻撃に合わせてタイミングよくガードすると、
ダメージを無効化したうえで、一定時間すべての攻撃がクリティカルになります。
ボス戦ではほぼ必須です。

何より、フラッシュガードに失敗してもダメージを軽減できるのが大きいですね。
(その分、タイミングは少しシビアになった気がします)


併せて、敵の攻撃に合わせて回避すると、一定時間敵の動きが鈍くなる「フラッシュムーブ」というのも新しく実装されました。
使い勝手は良く分からないです…が、ピンチ時の回避にはいいかも?
フラッシュガードのほうがよっぽど使いやすいです。

水中の行動ができるように


泳ぐという動作が追加されました。たしか7には無かったよね。

▼ゲームが進むと、水中での移動も出来るようになります
151012_ysc_1suichu.jpg

水中攻撃も出来ますが、さすがに操作しにくい。

EXTRAスキル


いわゆる秘奥義。
専用ゲージが溜まればいつでも放てます。
ボス戦で大ダメージを与えるほか、雑魚の一層にも便利だったり。

151012_ysc_2battle_ex1.jpg
151012_ysc_2battle_ex2.jpg

ボス戦について


今作も歯ごたえのあるボスが多数存在しますが
回復アイテムの所持制限がなくなったことで、相対的に簡単に感じました。
(※厳密には各種99個まで持てる)

151012_ysc_2boss.jpg

回復アイテムに10個でも上限があったら、歯ごたえのある戦いになったんだろうなあ


▼アイテムはボス戦含め、いつでも使えます。
151012_ysc_4item.jpg

バトル以外のシステムについて


地図埋め


ある意味、今作のメイン目的ですね。
総督から依頼され、樹海の地図を埋めていきます。

シナリオが進むごとに地図は埋まっていくのですが、
ダンジョンの探索は地図に載らないし、シナリオ以外の寄り道などがあるため
地図の作成度とシナリオの進行度は必ずしも一致しません

151012_ysc_3map.jpg

▼ちなみに、これを書いている現在、ここまで埋まっています。
 残り0.2%どこやねん
151012_ysc_3map_998.jpg

素材集め


イース7にも存在した素材集め。
道中で集めまくった素材を使って、武器や防具を強化したり、アクセサリを作成したりできます。

また、今作は素材交換システムがあり、下位の素材をたくさん集めると上位の素材に交換もできます。

▼非操作キャラは、一生懸命素材を採取する
151012_ysc_3sozai.jpg

7でも思ったけど、なんで味方はこんなに全力で素材を回収するんだw

マップ高低差


マップによっては、高低差があるものがあります。

塔みたいに、上下フロアのあるダンジョンなら良いけど
単なる坂道とかはマップが見にくくなるだけなんだよなあ。
うーん、一長一短。

151012_ysc_3map_koutei.jpg

石板ルーラ


石板に触れると、同種の石板に瞬時にワープできます。
今作も移動は全て徒歩なので、かなり重宝します。

151012_ysc_3map2_teni.jpg

※シナリオが進むと、もう少し便利になります。

シナリオについて


ネタバレになるため深くは突っ込みませんが、想像以上にボリュームがあります、とだけ。
かつてセルセタに存在した「セルセタ王国」についてあれこれあります。

悪くはないんだけど、最後がどうしても締まらないんだよなー。
あとは読者の皆さんにお任せします的な投げやり

音楽について


今作も音楽は間違いなし、良い曲が多い!

…んだけど、イース7やフェルガナに比べたらちょっと見劣りするって感じでした。
どうしてだろうなあ。
比較対象が強すぎたのが原因かな。

ちなみに、イース4からのアレンジ曲もいくつか収録されているみたいです。

2周目以降のやりこみ要素について


▼ボスバトル。
151012_ysc_5bossrush.jpg

イースシリーズ恒例のタイムアタックが遊べます。
レベル・装備・回復アイテムが固定で、実力勝負になるのが良いですね。
(パーティやアクセサリ等は反映されます)


▼トロフィー集め。
151012_ysc_5trophy.jpg

地図コンプやアイテムコンプなど、いわゆるやりこみ要素。
選択式の武器や、最強武器の都合上、アイテムコンプには最低2周必要になります。

全トロフィー集めたい気持ちはあるけど、
そのためにシナリオをもう一周やるモチベがあるかと言うと…(´・ω・`)ビミョ-

まあ少なくとも、地図・宝箱・採取場所コンプくらいはやっておきたい

その他


パーソナルアクション


パーソナルアクション、いる?

そのキャラを控えにしてることも多いから、いちいちキャラ変えて実行するのめんどくさい。

キーコンフィグについて(Vita TV)


L1がExtra、L2がアイテム使用、R1がスキル、R2がミニマップ、Startでメニュー、Selectで樹海マップ…

ちょっとこれボタンが混同しちゃうので、これらもキーコンフィグで変えられたら良かったな。

個人的に、EXTRAスキルは暴発しにくいSelectに割り振りたかったです。
(イース7では出来たのに)

終わりに


良ゲーなのですが、イース7が輝きすぎたので、相対的に良くない印象になってしまって残念。
トロフィー集めがひと段落して、ボス戦をあらかた終わらせたら完了かな
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2015/10/13 [火]
《タグ》 ゲームレビューゲームレビューPSVITAアクション
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。