FC2ブログ
ブログ内検索
管理・サイト関連
  • あすら (asrtea) on Twitter asr の読書メーター
  • asrite.net←本拠地。
  • 管理画面(管理人専用です)
プロフィール
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
12月(2)  11月(4)  10月(1)  08月(1)  07月(1)  06月(1)  04月(1)  09月(2)  07月(2)  05月(4)  04月(1)  01月(2)  12月(1)  11月(1)  10月(1)  07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(6)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
最近のコメント
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
190616_batye2.jpg

一時期アマゾンでめっちゃ話題になってた(というか宣伝してた?)
バチェラージャパンという番組を見てました。


現在、第1シーズンを見終わったので、(なるべくネタバレ無しで)その感想を書きます。
(↑つまり、1組の婚約者カップルが成立した)

ちなみに、第2シーズンも完結済みで、第3シーズンが始動し始める頃らしいです。
気になるのでまた次のシーズンも見てみようと思います。

あーでもまた新しく女性の名前を覚えるのめんどくさいな

バチェラー・ジャパン
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B01MT7VOF7/
(プライム・ビデオなので、Prime会員なら無料で見れるやつです)

応募から審査を経て選ばれた、職業も年齢もバラバラな女性25人。
その25人の美女たちが、1人の男性(バチェラー)を奪い合うという恋愛サバイバル番組(らしい)です。

世界225ヶ国で放映されている大人気番組の、日本バージョン。

あれ、国って225個もあったっけ


バチェラー役は、セレブでイケメン。

▼シーズン1でバチェラー役に選ばれたのはこの人。久保さん。
190616_batye3.jpg

東大卒の若きカリスマ経営者、久保裕丈(35歳)。成績優秀スポーツ万能。そしてもちろん、独身。
↑ナレーションで毎回のように言ってくるので覚えた

今回のこの人も、正直、すげー完璧そうな人を連れてきたなって思いました。
でも実際にいるんだろうな、こういう人(雲の上の世界)。

そして、女性をふるいにかけるシステムは、と言うと。

▼ローズセレモニーという、気に入った女性だけにローズを渡すイベント
190616_batye4.jpg

このイベントでローズをもらえなかったら、その女性は脱落します。

毎話ごと(リアルだと数日ごと、かな)にこのセレモニーがあり、数名が脱落。
回を重ねるごとにどんどん人数が減っていき、
最終的に一人が残るという形になります。

ローズをもらえるよう、女性のアピールあるいは女性同士のバトルが繰り広げられます。


…まあシステム面は、番組内で説明しているので割愛しましょう。


以前に紹介した「さくら通信」でレビューされていたので、
めっちゃ面白そう!って思って見始めました。

▼「さくら通信」のこの放送回
第177回放送 「バチェラージャパン」 | さくら通信 http://sakuratsushin.com/bachelor/


以下、感想をつらつらと。

~ 広告 ~
~ この記事の続き ~

全体的な感想(結末その他)


さくら通信に触発されて見始めたこの番組。
実際に見てみたら、想像通り面白い

見どころは

・豪華なデート
・女性同士の戦い
・カメラやインタビューなどがしっかりしてて、裏方がかなり凄そう
・今田さんとゲストのプレミアムトーク

です。
順に書いてきます。


…の前に、最後まで見た総合的な感想を。

全体的な感想


上の方でも書きましたが、まずは25人も女性がいる関係上、
女性の職業や名前を覚えるのが大変ということでした。

フードコーディネーター、着付け師、ウエイトレス、大学生、ギャル…いろんな職業があるので
最初はなかなか誰が何なのかが覚えきれない。
今残っている女性の一覧表とかがあれば嬉しかったな…。

しかし、後半になると顔も名前も、性格も分かってくるから、これはこれで割としんどい。
落とす女性をしっかり見極めて選ぶ、というバチェラーの苦悩が本編でも描かれています。

更に。
人数も少なくなってくる終盤では、女性たちとバチェラーの距離がかなり縮まってきます。
(この辺になると、1対1のサシデートが主になる)

とはいえ…、その仲良くなった女性でも、誰かは必ず脱落させなければならないことになります。
これはなかなかエグいですね。
見ててもしんどいし、バチェラー本人もツライだろうなあ…。

結末について


結末、というか終盤の女性の残し方を見てて、
ちょっと「性格や努力より可愛さ・若さを選んだ」感があって、残念には思いました。

特に、最後の二人になったときの、二択が、あぁ、って思いました。
番組の構成(八百長的な)なのか、バチェラーの性格なのかはわかりませんがね…。


沖縄でちょっとした伏線が張られてて…
あの時の壮大な伏線はこのラストかな?って思ったけど、、ちょっと納得は行かない結末でしたね。

推しメン


女性陣の中で、良いなって思ったのはこのへんかな

・鶴愛佳(女優) 
→綺麗な女性だなと感じます。独特な積極的アピールでガンガン攻める。
 ただ、どうしてもお姉さん感、ママ感はあるかな…。
190616_batye5.jpg


・蒼川愛(大学生)
→かわいい。美女が多いこの番組内でも、可愛さが際立ってる。
86DCDBAA-0204-4457-891E-2FEA2CE80EF9.png

・柏原歩(フードコーディネーター)
→美人かつ計算高い。バチェラーからの評価もかなり高い。
 ただしぶりっ子なので、女性陣からはボロクソ。
190616_batye7.jpg


豪華なデート


バチェラーの男性は、次々に女性たちにデートを誘うんだけど、
行くデートがどれもこれも豪華。
(補足→最初は 男1:女8 みたいなグループデートが主)

▼グループデート中、女性を1対1で話す場面も多々。というか、バチェラーとの会話権の奪い合い。
190616_batye5.jpg


貸し切りでアトラクションは序の口、
富士の山に行ったり、沖縄の海に行ったり、北海道の雪景色だったり
終盤では海外にまで飛び出します。

▼この気球は凄いと思った。
190616_batye6.jpg


これ、番組のお金じゃなくてバチェラー個人のお金だったら…やばいね…。
流石に番組もお金出してるよね…。


あとは基本的すぎて抜けていましたが、バチェラー久保さんの会話力がヤバイ
どんなときでもモテトークができるし、瞬時に適切な会話が編み出せるのは、
相当な頭の良さがあってのことだろうな、と思いました。

もちろん、多少は演出とか台本とかはあるんだろうけど…たぶん

女性同士の争い


女性同士の戦いが楽しい。これに尽きる。
最初は和気あいあいとしてるけど、どんどん緊張感が高まって、蹴落とす戦いになって
女性の悪い部分が色々出てくるんよね。

それを見てるのが本当に楽しい。
もちろん各個人の性格は色々あるけど、嫉妬だとか悪口だとか自慢だとか、そういうのが色々と見れる。

デートから帰ってきた人たちが自慢したり、
あるいは、デートに誘われなかった残り組(←暇)の会話だとか。
裏で渦巻く駆け引きと言うか、なんかそのへんが良いですね。

※もちろん、普通に仲が良いシーンが多いです。表面上かもしれないけど

裏方について


シーンごとに、女性やバチェラーへのインタビューがちょいちょい挟まるので、
感じたこと思ったことがわかりやすくていいなって思いました。

毎回、こまめにインタビューしてるんだろうね。

▼こんな感じのが頻繁に挟まる
190616_batye7.jpg



あとは…番組内では見えないようにしてありますが、結構な数のカメラがあるように見受けられます

あらゆる場面で、いろんな角度からシーンを映されてるので、
最低でも2~3カメラはあるんじゃないかなと。


川でのカヌーデートや、気球デート、…毎回のごとく、カメラどうなってんだって思ってました。
190616_batye6.jpg


カメラ以外にも、たぶん、デートやイベントの準備も含めて、相当な裏方が働いてるんだろうな…

という穿った見方をしていました。


そして何より。
カメラやマイクがたくさんあるであろう環境なのに、
普通に過ごす女性たち(とバチェラー)すごいな
って思った。
慣れるものなのかな?

今田さんのプレミアムトーク


毎話ごとに、おまけ的要素として、番組プロデューサー今田耕司さん&ゲスト(毎回変わる)が、
本編を振り返ってコメントする回が挟まります。

感想も含めた復習、といった感じで、これも楽しいです。
(さすがにこれは台本がありそうかな)

女性同士の関係性や、落ちた女性の考察とか、自分の中でも振り返りが出来ますしね。

おわりに


Amazonのレビューでも同様の意見が書かれていますが、結末は微妙…。

ただし。
内容的にはとても面白いので、もっと早くに見てれば良かったな、という感想は変わりないですね。
おわり。


さて、今からさくら通信の該当回の聞き直しをしてきますかね
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2019/06/16 [日]
《タグ》 日記ドラマレビュー
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top