ブログ内検索
管理・サイト関連
管理画面(管理人専用です)
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
05月(3)  04月(1)  01月(2)  12月(1)  11月(1)  10月(1)  07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
最近のコメント
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
記事一覧

<<前の記事一覧へ | | 次の記事一覧へ>>

あけましておめでとうございました。

新年セールでドラクエ2が安かったので買いました。
ドラクエ3も買おうかな。

ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々 | ニンテンドー3DS | 任天堂

14日までのセールらしい、たぶんもう少し伸びるでしょ(適当)

180110_dq2_3.jpg

ざっと感想


・音楽がフルオーケストラアレンジされとる。
・グラフィックは、ドット絵風のまま高画質にした感じ。
・ゲームバランス少しゆるめ(DQ2にしては)、レベルもガンガン上がっていく。
・微妙な操作感とかは昔のまま維持。
 アイテムの扱いとか
・敵のエンカウントが多い。ひたすら多い。
 真面目に倒してたから、レベルが上がりやすかったのかも。

総合的に、昔のドラクエを維持したまま今風にリメイクした感じでした。大変良いと思います。
オートセーブとか特に今風って感じ。

敵が動くようになるのは3からかな?(バトル中の敵は静止画だった)

以下、ついったーに載せた画像だけ置いとく

“ドラクエ2のリメイク3DS版を遊んだ。楽しかった。”の続きを読む>>

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2018/01/10 [水]
《タグ》 日記ゲーム3DSドラクエレビューゲームレビュー
このパソコンを使って3年ちょいくらいなるかもしれません。
なんかちょっと不安になり、サイバーマンデーセールも開催されていたので
HDDを交換してみました。

ちなみに今回買ったHDDはセールとは無関係。
…というか、同じSeagate 2TBのタイムセール商品より安かったってどゆことなの…。

20171211_191544HDD.jpg

移行にあたっては、Todo Backup(とPartition Master)にお世話になりました

個人ユーザ向けの費用対効果の高いデータバックアップソフト - EaseUS Todo Backup

もともとの環境


SSD→Windows7と10を格納
HDD→データ用1TB
バックアップ外付けHDD→バックアップ用1TB

2台のディスクドライブ+バックアップ専用のドライブという構成ですね。
今回交換したのはHDD側のみ。

経過


まず外付けHDDバックアップして、
HDDを交換、
その後、新HDDにバックアップをリストアする、という流れでした。

HDDを交換するのはたやすい。
ネジ外してSataと電源つないで、ちゃちゃっと完了。

あとはリストアすれば楽勝~と思っていた。
しかし。
そこから先が長かった。


さて、
私はProgramdata、Program FilesをHDD側に移行している人間です。

▼この辺の記事を参考にしながら、設定したんだと思います。
Edge Night;Blog SSDへのWindows7のインストール - 「Users」と「ProgramData」の移動

で、このProgramdata、Windowsの起動に必要なデータも当然格納されているわけで。
HDDを交換して、一時的のそのデータが見えなくなる。
その結果、なんかすごい変な現象に襲われました。
というか何も出来ない

今思えば、上記のブログ記事にあるとおり、Usersまで移動してたらもっと大変なことになってただろうな。
ログオンすらできんかったかも。

本当に何も出来ない状態から試行錯誤し、無理だと悟ったので。
↑全ソフトは当然動かない、管理ツールもRegeditも開かない、もちろんバックアップソフトも無い(←あほ)

結局。

デュアルブートのWindows10側でリストアを作業をしました。

リストアが終わっても、Win7側でドライブレターを変更するための管理ツールが動かなかったので
セーフモードから管理ツールを起動して(←割と綱渡り)、ドライブレターを変更した結果
…なんとか元の環境に戻りました。

もしこのWin10が無かったら、ほんとに詰んでたと思う(HDD戻す作業やりなおし)。

…で、原因がProgramDataにあることは、操作がすべて終わってから気づきました
しゃーなし、次回からはちゃんと気をつけよう。

========== ==========

今回はバックアップ→リストア、という半ば手動での移行となりましたが、
専用の移行ツールとかあったらもっと楽に出来てたかもしれないですな。

パーティションの設定


今回のHDD移行を機に、パーティションを更に分割しました。

171213_hdd_parti.png

マイドキュメントの「R」、Program Filesの「Q」、大容量ファイル置き場の「T」、
今回から、マイビデオ用の「V」を追加。
ゲーム動画とかの置き場専用のドライブを増やしました。

ちなみに、HDDの外側と内側では、書き込み速度が違うみたいなので、
HDD書き込みが重要なVドライブは、一番外側(パーティションで言うと左)に設定しました。

▼この辺に解説が在る。
HDDのパーティションや空き容量と転送速度の関係 - BTOパソコン.jp

▼テスト書き込みの結果(これはVを一番右に設定したときの数値です)
171213_hdd_sokudo.jpg

書き込み速度、約1.3倍の違いが出ました。これは中々に重要みたいだった。

HDDの設定


Partition Masterについている機能があったので、とりあえず使ってみた。

MBRをGPTに変換して、4Kアライメントとかの設定。
よく分かんないけどパフォーマンスが上がるらしい。
(↑いったんWindowsはシャットダウンして、専用のブートモードで操作やってた)
(↑この時、「HDD移行ツールもあったんじゃないか?」と疑ったわけです)

SSD側(システムドライブ)のGPT化は有料機能みたいなので、今回は見送り。
こっちもパフォーマンス出るのかね。


おわり。
これでこの先数年は「HDDは」大丈夫でしょうな。
SSDの交換をするときは、また苦労しそうだな…

おまけ



▼HDDのついでにサウンドバー型スピーカーも買いました。
 通算2本め。持ち運びしやすくて使いやすい。
20171211_160024スピーカー2

【追記】使いにくかったので売りました Amazon出品したら秒で売れた

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2017/12/13 [水]
《タグ》 日記コンピュータHDD
タイトル通り、色彩検定、受けてきました。

その名の通り、色に関する検定で、
たとえば色相明度彩度、カラーチャートとかの基本的知識から、
色の錯視、色の効果からはじまり、色の調和とかもあって
目の仕組み、光の仕組み、
はてはファッションとかインテリアとかの話に至るまで

結構幅の広い検定でした。

問題自体は、テキストを読んでいれば楽勝でした。

テキストはあんまり読んでいないので、知らない知識には対応できませんでした。

おわり

高いお金払ったし、受かってると良いね


問題数は多めながら、1つ1つの問題は簡単。
試験時間が40分くらい余ったけど、途中退出が出来なくてめっちゃ暇でした。

でも試験監督のほうが暇だよなあとか思ってました。

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2017/11/12 [日]
《タグ》 日記学習
時オカの後、ゼルダBotwも一気にクリアしました。
それから空白期間が2ヶ月ほどあって、いい加減遊びたかったゲームに手を出しました。
ニンテンドースイッチ全然触ってないや

171023_robobo.jpg

基本情報


【ハード】 3DS
【ジャンル】 アクション
【プレイ時間】 20時間ほど?

概要


ポップスターに変な機械が襲い掛かってきた! のでそれを追い払うゲーム。

現在、メインシナリオを抜けて、ボスラッシュ(とおまけのゲーム)を残すところまで来ました。
真ボスラッシュは勝てる気がしないなあ…。

総合評価


★★★★☆

そういえばカービィ遊ぶのも久々ですな。
もしかするとカービィ64以来のプレイかもしれん。
あれから結構経ったけど、遊び心地は今も変わらずでした。
今作も、メインは横スクロールの2D(+若干の3D要素はあり)。

▼奥&手前の概念があります。敵によっては、画面外から攻撃してきたりも。
171023_194336_kirby3ds.jpg

今作の特徴は、ロボットに乗ってステージを進んだり敵と戦ったり出来ること。
コピー能力もカービィ用とロボット用で別々に使えるので、戦い方の幅も2倍。

▼ロボットもコピー能力を使える
171023_194540_kirby3ds.jpg

ロボットを使ったアクションも楽しいし、総合的な完成度はかなり高い。

でもちょっとばかり物足りなさもある。
あと、コピー能力を含めたいろいろな要素・ギミックや音楽が出てきて、
楽しくはあるんだけど、ひとつひとつの出番が少ない。
1回しか出てこない要素もあったかな…(亀をマイクで起こすやつとか)。
良くも悪くも、「広く浅く」って言う感覚。

個人的には、ちょっとボリュームが足りなかったかなと思う。
もっとステージ数が多いと良かった。


以下、あれこれ評価

“【ゲームレビュー】 星のカービィ ロボボプラネット [3DS]”の続きを読む>>

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2017/10/23 [月]
《タグ》 ゲームレビューゲームレビュー3DSカービィ
170702_zelda3d_0.jpg
ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

NintendoSwitchのゼルダのBotWを買ったついでに、こっちも買いました。
64の時オカはプレイ済、裏は遊んだことはあったけど、クリアまで行ったかは覚えてない。


数年来にプレイしましたが、そこそこ覚えてるところも多くて、記憶力ってすごいなあと思った次第。
そんなに繰り返して遊んだ記憶もないんだけど。
(逆にムジュラの仮面は記憶が薄い…、こっちのほうがたくさん遊んだ気がするのに)

ゲーム内容は64のものとほぼ完全に同等ですので、
このレビューは、主に3DS版での変更点をまとめる感じでいきます。

どうでもいいけど


ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D:ハートのかけら 迷いの森

公式ページにハートのかけら一覧が載ってます。ありがたや。

概要


プレイした感触では、グラフィック、操作感などは完全に同じ。
3DS用にボタンが再配置されたくらいかな。
(Z注目→L注目や、CボタンのアイテムがXYで使えるなど)

170702_zelda3d_4.jpg

ただ、3DSのタッチ推しなのか何なのか分かりませんが、
基本操作にタッチ操作が絡むのは非常に使いづらいです。
オカリナ、視点カメラ(とナビィ)、4スロットあるうちのアイテム2つ分は、タッチでしか使えません。

さらに、ポーズメニューもタッチでないと開かない(画面下部の装備、マップ、アイテムの部分)。
よく使う機能がタッチ限定になってしまったので、正直操作性が悪いです。

Cボタンは物理的に足りないからしょうがないとしても、メニューくらいはボタンで開かせて欲しかった

Startボタンはと言うと、セーブしかできません。なぜそこを排除した…。

========== ==========

170702_zelda3d_2.jpg

体感ではグラフィックは完全に同じですが、ところどころ変化があるようです。
私が気づいた点は

・モノがあるところにリンクが顔を向ける
 風のタクトから採用されたもの…だと思う。
 なにかあるところにリンクが顔ごと向けるので、アイテムやスイッチの見落としが少なくなりました。

・ハシゴを綺麗に登る
 ハシゴの段差部分とリンクの足が完全に一致するようになりました。
 64時代は、ハシゴのない空中に足を掛けていた気がします。

裏 時のオカリナについて


170702_zelda3d_5.jpg

かつて限定配布された裏バージョンも収録されていました。
表のクリア後に選べるようになります。

ダンジョンの内容がガラリと変わっていた裏バージョン。
今作では、それに加えてフィールドとグラフィックが全て左右逆になっています。

敵の強さも上昇しており、油断するとすぐ死にます。
妖精複数体は必須。

Wikiには「受けるダメージが倍」のみ書いてあったけど、
ダメージだけじゃなくて、バトル全体がもっと難しくなってる気がしました。
気のせいかな…。

ダンジョンは裏GCと同様だとは思いますが、かなり難化しています。
全体的に、完全に経験者向けのモードに感じました。


ちなみに裏時のオカリナGCを借りパクしたアイツは今でも許さない

さいごに


ゲーム内容は全く同じなので、思い出しながら懐かしみながらのプレイになりました。
裏のダンジョンは仕掛けが難しくてめっちゃ迷ってた(´・ω・`)

作品自体は相変わらずの名作クラス。
ただし、タッチ操作を強要され、快適さが落ちているのが残念でした。

おわり。

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2017/07/02 [日]
《タグ》 ゲームレビューゲームレビュー時のオカリナ3DS
<<前のページ | 次のページ>>
Page top